筆者の購入したDVDや本、鑑賞した映画、テレビ番組、コンサート等のインプレッションを書いています。
Top > 2005年06月

2005年06月23日

●失踪日記 / 吾妻ひでお

画像をクリックするとAmazon.co.jpで本が買えます。

【これを読んだら貴方も失踪したくなる??】

吾妻ひでおといえば元祖美少女&SFコミック作家のような位置付けであり、「ふたりと5人」とか「やけくそ天使」とかは愛読書のひとつであった。
ほのかなお色気が、適度に省略された絵柄もあいまって非常に上品な感じがして、同時代のラブコメ漫画家の柳沢きみおなんかのような生臭さが無くて共感が持てる漫画家であった。
その彼が失踪していたとは知らなかった。

続きを読む "失踪日記 / 吾妻ひでお"

2005年06月07日

●アイランド / キング・クリムゾン

  1. フォーメンテラ・レディ
  2. 船乗りの話
  3. レターズ
  4. レディ・オブ・ザ・ロード
  5. プレリュード:かもめの歌
  6. アイランド


  • Robert Fripp / Guitar,mellotron,Peter's Pedal Harmonium,Sundry Implements
  • Mel Collins / Flute,Bass flute,Saxes,Vocals
  • Boz / Bass,Vocal,Choreography
  • Ian Wallace / Drums,Purcassions,Volals
  • Peter Sinfield / Words,Sounds,Visions

  • Keith Tippett / Piano
  • Paulina Lucas / Soprano
  • Robin Miller / Oboe
  • Mark Charig / Cornet
  • Harry Miller / String Bass

画像をクリックすると、amazon.co.jpで輸入版CDを購入する事が出来ます。

Sinfield's Crimsonの集大成

初期King Crimzonの最大の失策はIan McDonaldを早々に失ったという事に尽きるように思います。
「太陽と戦慄」以前のKing Crimzonは、メロトロンを多用したリリカルなサウンドが売りのひとつであったわけですが、その基本路線を組み立てたのはMcDonald&Sinfieldのコンビであって、決してRobert Frippではありませんでした。
従って「クリムゾンキングの宮殿」以降の「ポセイドンのめざめ」「リザード」では、Ian McDonaldの穴を埋めようと苦心しているFrippSinfieldコンビの苦悩が強く感じられます。

続きを読む "アイランド / キング・クリムゾン"