筆者の購入したDVDや本、鑑賞した映画、テレビ番組、コンサート等のインプレッションを書いています。
Top > 映画/ドラマ > 邦画

●女囚701号 さそり

cover 東映:1972年
監督:伊藤俊也
原作:篠原とおる(ビッグコミック)
主演:梶芽衣子、横山リエ、夏八木薫、渡辺文雄

画像をクリックすると、amazon.co.jpでDVDを購入する事が出来ます。

【東映流エログロサスペンスの快作】

東映のハダカは品が無い。
日活ロマンポルノには華があるのだが、東映のハダカは限りなく下品である。
その下品な感性を凝縮したような映画が本作品である。


原作は篠原とおるのマンガで、主人公の松島ナミ(梶芽衣子)は、恋人と信じていた警視庁の麻薬捜査官のエリート杉見刑事(夏八木勲)に捜査の囮として利用され、ヤクザたちからレイプされた挙句、杉見の出世の道具にされたことを知り、杉見を殺害しようとした容疑で懲役となる。ナミは復讐を誓い、刑務所を脱走し、見事にレイプされたヤクザたちと夏八木薫を刺し殺すのである。
などと書くと何だかハードボイルドな内容だが、松島ナミの復讐劇なんていうのは、この映画の中ではサイドスイトーリーでしかない。
この映画の主役は女子刑務所である。しかもエログロナンセンス満点の刑務所である。

とにかく現在の視点で見たらツッコミどころ満載の低俗ギャグ映画と言えないこともない出来なのである。
しかし、お下劣でありながら、何か強烈な印象を与える映画なのだ。
その魅力はやはり何と言っても主演の梶芽衣子の眼力であろう。台詞を控えめにして目で演技する彼女の凛とした魅力が、この低俗な映画に一本の芯を出している。

タイトルロールのシーンは、女囚たちが入浴するシーンなのだが、何故か素っ裸のまま階段を上っていく。
その階段の裏側で舌なめずりしながら女囚のハダカを嘗め回すように見ている刑務官。この刑務官が下品でいやらしい。
当然の事ながら、刑務官は全員男性である(そんな馬鹿な)。
刑務所長(渡辺文雄)は、警官の癖に悪役の親玉という感じである。彼は、女囚たちから反発を喰らい、ガラスの破片で片目を失明してしまうのだが、このガラスの破片が刺さった顔がチープ。東映の特殊技術は東宝などと比べると数歩落ちるが、この映画の撮影された時代を考慮したとしても、あまりにも安っぽい仕掛けである。しかも全然痛がってないし!
松島ナミが女囚の間で浮き、シャワー室で別の女囚と喧嘩になるシーン。包丁を持った女囚が一転すると、顔に歌舞伎のような隈取をして牙まで生やした鬼婆に変身してしまう!!
少し太めでアフロヘアの女優がハダカで隈取しているのだ。このハダカは見るに耐えない。色気のかけらもない!!
隈取っていうのは悪のイメージの具象化に過ぎないのであるが、このシーンでは大笑いした。悪魔くんじゃないんだから!!鬼婆は無いだろう。しかもアフロだし!!

次から次へと展開される、女子刑務所内でのハチャメチャ度が圧巻である。
懲罰は何時、どんな時でも穴掘りである。穴掘りしかない。
女囚が無意味に穴を掘っている姿はシュールだ。
しかも、徹夜で掘った穴を、松島ナミ一人に埋めさせる。掘ったら埋める、掘ったら埋める。アウシュビッツじゃあるまいし。そんな馬鹿な!!
手足を縛られ独房に入れられた松島ナミに食事の味噌汁を持ってくる女囚が、味噌汁を床にこぼして「食ってみろ」とイジメるシーンも面白い。
ナミが毛布を口で引っ張って女囚を転ばせ、女囚が熱い味噌汁をドラム缶ごとかぶって絶叫するシーンは不謹慎だが爆笑ものだ。

グロとナンセンスばかりでもない。多少の正統なお色気も必要である。
ナミが独房に入れられると、そこには既に別の女囚(片山由美子)がいる。(独房じゃないのかよ!?)
夜になり、女とナミが寝ていると、ナミの手が女の胸をまさぐりだし、何とレズ・シーンに突入。
訳が分からないまま、サービス・シーン的な梶芽衣子と片山由美子のレズ・シーンが終わるのであるが、実はこの女、女子警官であった。
潜入女子警官だと見抜いて、わざとレズを仕掛けたという事なのだろうが、このあたりの意味不明さがたまらない。
余談ではあるが、この女子警官役の片山由美子、どっかで見たことあるなあと思ったら、ジャイアント・ロボのU5じゃないのさ!
特に美人というわけでもないのであるが、昔の特撮番組のヒロインが脱いじゃうのを見るのは結構複雑な心境だ。

女性権利拡張論者の方々が見ると、噴飯モノのシーンが続出である。
松島ナミと一緒に脱走しようとする少女(渡辺やよい)は途中で生理になっちゃうし。
松島ナミが杉見刑事に処女を捧げるシーンなんかも妙にアナクロ。
くだんの女刑事(片山由美子)は、ナミに手ほどきを受けたレズが忘れられなくなっちゃって、また独房に入れてくれと懇願しちゃう始末。しかも、それを叱責するのに刑務官は何故かわざと制服を引きちぎってオッパイ見せちゃうのだ。
何もオッパイ見せる必要は無いじゃないのさ。
いやあ、こんな危ない映画、今撮影しようと思っても無理ですぜ。撮れたとしても絶対公開できないね。
唯一の救いといえば、ナミに好意的な女囚(扇ひろ子)がいることか。喩えが悪くて申し訳ないが、ガッチャマンのG2号って感じのニヒルなお姐さんで、妙にカッコイイ。

この刑務所は最後に女囚が暴動を起こし、倉庫に立てこもってしまう。そして、最後には灯油で火をつけて倉庫を爆破し、女囚の半分くらいが射殺されるか焼死してしまうという凄い展開になるのに、所長の渡辺文雄は何とこの事件を揉み消そうとするのだ。
幾ら何でも揉み消しは出来ないだろう。悪役警官は何でもかんでも揉み消し工作か?それはちょっとお粗末すぎる設定だな。
しかし、この事件をきっかけとしてナミは脱獄に成功し、復讐を企てていくことになる。

脱走してから自分をレイプした男たちを次々と殺害していくのだが、この展開が物凄く早くて爽快感すら覚える。
一応、そういう話だから脱走させて殺しとかなくっちゃ、っていう程度の付け足し感がありありと感じられる。
でも、脱走した後のナミの衣装はカッコイイ。黒のトレンチコートに黒の幅広いつばのついたアコーハット。これが梶芽衣子のストレートで長い黒髪にマッチして、実にカッコイイ暗殺者に仕立て上げているのだ。
だから、もうちょっと暗殺のシーンをじっくり見たいと思ってしまったが、そうするには時間も予算も無かったのであろう。
この映画は復讐劇じゃなくて、単に女の人のハダカを下品に堪能する映画なのである。
思想もへったくれもありゃしない、女性蔑視のカタマリのような映画だ。
私は女性蔑視はしないし、男権を必要以上に主張したりしない。そういう思想が入っちゃうとこういう映画はとたんにダメになる。
エログロナンセンス、それだけで充分だ。

刑事を殺し、復讐を成就させたナミは、最後に日の丸に向かってナイフを投げつけるのだが、このシーンは余計だった。
伊藤監督は左翼だそうだが、これは反体制を説く映画ではない。もっとエンターティナーに徹するべきであった。
左翼的思想で見ると、なるほど官憲の暴力はありえないほどの酷さで描かれているし、それに必死で耐えるナミのスーパーウーマンぶりが、反体制主義者の理想像のようにも見えてしまう。
この映画は「権力に蹂躙されても屈しない人間の強さ」を描いた映画として見ることも可能だとは思うが、そんなのは大間違いだと思う。
展開が滅茶苦茶で荒唐無稽なストーリーだからこそ、そのような安物のヒューマニズムや思想は必要が無い。
もし、そういう思想的な映画作りたかったのなら、もっと真面目に作れよ。
だからこそ、日の丸に対してナイフを投げるシーンは不愉快極まりない。それが無ければ超傑作と謳ってしかるべき作品であるだけに残念である。