筆者の購入したDVDや本、鑑賞した映画、テレビ番組、コンサート等のインプレッションを書いています。
Top > 音楽 > その他

●ウクレレ・栗コーダー / 栗コーダーカルテット

  1. アイネ・クライネ・ナハトムジーク 第一楽章
  2. 冷たくしないで
  3. I’ve Just See A Face(夢の人)
  4. ウルトラセブンの歌
  5. パワー・トゥ・ザ・ピープル
  6. The Luck Of The Irlsh
  7. ハイウェイ・スター
  8. ボヘミアン・ラプソティ
  9. ガンダーラ
  10. 帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)
  11. サイモンの夢
  12. となりのトトロ
  13. もののけ姫

    画像をクリックすると、amazon.co.jpでCDを購入する事が出来ます。
史上最高のボヘミアン・ラプソディ

以前、「ウクレレ・ウルトラマン」という作品を紹介したのだが、その中でもウルトラセブンの歌や快獣ブースカなど、卓越した脱力感でアルバム中最も存在感のある栗コーダーカルテットによるカバー集である。
ウルトラマンの時にも解説したのであるが、私がこのバンドの存在を知ったのは「ウクレレ・スターウォーズ」というCDで、その中でも「ダースベイダーのテーマ」が実に傑作だったのであるが、その他の収録曲(特にメインテーマ)が全然ウクレレっぽくなくてダメ(編曲者が企画の意図を理解していない)だったために、紹介すべきほどのものにはなりえなかったのである。
その、ダースベイダーのテーマも入ったゴキゲンなCDが発売されたので、ここにご紹介する。

とにかく選曲が素晴らしい。
幾つかは既発売のオムニバスCDからのピックアップなのだが、それ以外に新録音のカバーが入っていて、これが凄いのである。

まずは1曲目の「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
小学生のリコーダー演奏のお手本とでも言うべき曲なのだが、これを栗コーダーがやると何でこんなに脱力感があり、しかもほのぼのとした音になるのだろうか。小学生の皆さんは是非これを聴いて自らのリコーダー技術を磨いて欲しいと思う。

5曲目は「ウクレレ・レノン」には収録されなかった「Power To The People」。
正直、レノンの曲ってそんなに聴いたことが無いんだが、この曲には耳馴染みがあった。
余談になるが、ウクレレ・レノンにはこれまたビックリのロリータ18号が「My Mummy's Dead」をカバーしているので、これだけ聴いてみたいところである。

そして驚愕の「ハイウェイスター」
ディープ・パープルですよ奥さん。それをリコーダーで演奏しちゃうんですと。しかも微妙にライブバージョンなんだよねえ。おお!このリフを繰り返しますか!なるほど。という感じでパープル狂にもお勧めの佳曲。
特典として、このCDにもPVが入っていて、これが「ハイウェイスター」なのだが、画面の疾走感とゆるい音のミスマッチが抜群であった。

「ガンダーラ」は、あのゴダイゴのガンダーラなのだが、何とこのアレンジはまるでガンダーラを連想させないほど違ったものになっている。こういうのもありですなあ。

11曲目の「サイモンの夢」はなんと!ペンギンカフェ・オーケストラじゃないですか!渋いなあこれ。
元々のペンギンカフェも緩いのだが、こちらも充分に緩い。ペンギンが如何にも欧州風なのに対して栗はあくまでハワイアン。
既発売のCDからのピックアップ曲も、ウルトラセブンの歌、ダースベイダーのテーマ、となりのトトロと快作ばかりである。

だが、このアルバム最大の聴き所は何といってもQueenの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」であろう。
ゆるゆると、しかし荘厳に鳴り響くリコーダーの音色にウクレレとカズーが絡む。原曲を忠実に再現しているところも素晴らしいのだが、そんな細かいところはどうでも良い。言葉を失うほど素晴らしい出来なのである。
Queenに対して、私はそれほど思いいれがあるほうではないのだが、それでも目を瞑ってこの曲を聴いていると様々な思いが流れ、そして迂闊にも涙してしまった。
この曲だけでも一聴の価値あり。

本来、ダースベイダーのテーマをお勧めするために紹介しようと思って購入したアルバムであったが、それ以上に素晴らしい作品ばかりであった。音楽好きのジャンルを問わず、これは買いである。


※本作品は、Amazonアフェリエイトの売上金で購入させて頂きました。ありがとうございました。