筆者の購入したDVDや本、鑑賞した映画、テレビ番組、コンサート等のインプレッションを書いています。
Top > 2007年04月

2007年04月27日

●ULTRAMAN(2005)

cover バンダイ・ビジュアル
監督:小中和哉 特技監督:菊地雄一
出演:別所哲也、大澄賢也、遠山景織子、裕木奈江他
画像をクリックすると、amazon.co.jpでDVDを購入する事が出来ます。
【ウルトラマン第一話の新解釈だが・・・】

空想特撮シリーズ「ウルトラマン」の第一話、「ウルトラ作戦第一号」を下敷きとして新解釈のもと、現代風に作り直したのが本作品、という事である。
平成ウルトラマンの失敗作「ウルトラマン・ネクサス」と世界観を共有しているとの事であるが、ネクサスは未見なので、それとの対比による評価は出来ないことをお断りしておく。

続きを読む "ULTRAMAN(2005)"

2007年04月16日

●フランケンシュタインの幽霊(1942)

cover ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
本作品は、「フランケンシュタイン・レガシーBOX」の中に収録されています。

監督:アール・C・ケントン
出演:ベラ・ルゴシ、ロン・チャニィ・ジュニア他

画像をクリックすると、amazon.co.jpでDVDを購入する事が出来ます。

【オリジナル・フランケンシュタインシリーズ最終作】

ユニバーサルのフランケンシュタインシリーズは続き物になっている。
「前作で死んだはずのモンスターは、実は生きていて・・・」というプロットが繰り返されていくわけだが、この流れは後年、東宝ゴジラシリーズにも引き継がれていて実に興味深い。
さて今回は、前作で死んだはずのモンスターだけでなく、死んだはずのイゴールまで復活してしまう。このようなご都合主義はだんだん顕著になっていくのだが、それは続く予定の無い作品を無理やり続き物にしているための矛盾と言えるだろうか。

続きを読む "フランケンシュタインの幽霊(1942)"

2007年04月05日

●フランケンシュタインの復活(1939)

cover ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
本作品は、「フランケンシュタイン・レガシーBOX」の中に収録されています。

監督:ローランド・リー
出演:ボリス・カーロフ、ベラ・ルゴシ他

画像をクリックすると、amazon.co.jpでDVDを購入する事が出来ます。

【フランケンシュタインシリーズ第3作】

「フランケンシュタイン」=モンスターというイメージが定着してしまったことに悩むフランケンシュタイン博士の息子ヴォルフ・フォン・フランケンシュタインは、亡き父の城に戻り、せむしのイゴールの手助けでモンスターを復活させる、、、と書くと、まるで「ヤングフランケンシュタイン(1976)」の粗筋を書いているような気分になる。
そうなのだ、「ヤングフランケンシュタイン」の基本ストーリーは、実はこの第3作なのである。
私は長い間、この第3作以降は未見のままだったので、メル・ブルックスの作った喜劇「ヤング・フランケンシュタイン」は、当然ながら第1作と第2作を下敷きにしていたと思っていた。
ところがどっこい、メインストーリーは、この第3作を下地にしているし、イゴールや片手の警部クローグなど、「ヤング・フランケンシュタイン」の代表的脇役がこの第3作から取られているなどとは、思っても見なかった。
1作目、2作目と異なり、この第3作を見たことのある人は少ないと思うが、ヤング・フランケンシュタイン好きならば、是非この第3作目もご覧頂きたい。


続きを読む "フランケンシュタインの復活(1939)"

●フランケンシュタインの花嫁(1935)

cover ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

監督:ジェームズ・ホエール
出演:ボリス・カーロフ、エルザ・ランチェスター他

画像をクリックすると、amazon.co.jpでDVDを購入する事が出来ます。

【前作を凌駕したフランケンシュタイン映画の決定版】

名作「フランケンシュタイン」の続編であるが、大抵続編などというものは全く面白くないものである。
ところが、この作品は非常に面白い作品に仕上がっていて、前作に引けを取らないどころか、前作を凌駕したクオリティになっているところが素晴らしい。

続きを読む "フランケンシュタインの花嫁(1935)"