筆者の購入したDVDや本、鑑賞した映画、テレビ番組、コンサート等のインプレッションを書いています。
Top > 2007年12月

2007年12月10日

●ニューヨークドール

↑画像をクリックすると、AmazonでDVDが買えます。

2007年:キング
監督:グレッグ・ホワイトリー
出演:アーサー”キラー”ケイン、モリッシー、デヴィッド・ヨハンセン他

【カリスマミュージシャンの最期】

アーサー”キラー”ケインという名前に反応する人は余程の好き者であろう。
70年代半ば、アメリカから排出した不世出のグラム・ロック・バンド、ニューヨーク・ドールズのベーシストである。
ドールズっていえば1にジョニー・サンダース、2にデビッド・ヨハンセン、3、4がなくて5にシルヴェイン・シルヴェインてなもんで、ベースのひととドラムのひとは全く影が薄いのであった。

事実、ケインは音楽業界から去り、敬虔なモルモン教徒として教会の仕事に従事しているのである。酒もタバコもドラッグもやめ、バスで毎日教会に通い、コピー取りなどの雑用もこなす50代のハゲのおっさんが、一世風靡したロックバンドで女装してベース弾いてたなんて誰が信じるだろうか。

この映画は、ケインの「現在」を中心にしつつ、モリッシーの尽力によってニューヨーク・ドールズが奇跡の再結成コンサートを行うまでのドキュメンタリー映画である。が、この物語はさらにその後の劇的なエンディングを生むことになったのだった。

続きを読む "ニューヨークドール"