筆者の購入したDVDや本、鑑賞した映画、テレビ番組、コンサート等のインプレッションを書いています。
Top > 映画/ドラマ > 洋画

●羊たちの沈黙




">B000W6H2H6


↑画像をクリックすると、AmazonでDVDが買えます。


1991年:20世紀FOX

監督:ジョナサン・デミ

出演:ジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス

【結局第一作が一番良い】

FBI捜査官役のジョディ・フォスターがアカデミー主演女優賞、レクター博士役のアンソニー・ホプキンスがアカデミー主演男優賞を取ったのをはじめ、作品賞、監督賞、脚色賞の5冠に輝いたヒット作。

猟奇殺人事件の捜査を担当したFBI研修生のクラリス(ジョディ・フォスター)は、犯人像を掴むために獄中に居る天才犯罪者のレクター博士(アンソニー・ホプキンス)に師事を仰ぐ。
この作品は、猟奇殺人事件をサイド・ストーリーに追いやり、クラリス対レクターの対話と駆け引きに、その主題が描かれている。

天才犯罪者を相手することに恐怖し、その恐怖心に飲み込まれないようにしながらもレクターの掌の上で弄ばれるクラリスの姿に思わず感情移入してしまう。少しエキセントリックな感じを醸し出しているジョディ・フォスターも良いが、それ以上に恐ろしいレクター博士役を演じきったアンソニー・ホプキンスの名演技が光る。「シャイニング」のジャック・ニコルソンにも通じるものがある。

初めてクラリスに対面したレクター博士は、「アカデミーに帰ったほうが良い」と、全く相手にしようとしない。臭いを嗅ぎ、香水の銘柄を当て、靴が安物だと指摘する。育ちの悪い田舎者の貧乏人は去れと相手にもしない。
だが、その帰りに彼女が隣の監獄の囚人ミグスに辱められた事への償いとして、あるヒントを与える。そこからレクターとクラリスとの絆が深まっていくのだ。
そのヒントを見事に暴き、情報を得ていくクラリスの姿に、レクターは段々と惹かれていく。「レッド・ドラゴン」とは異なり、レクターとクラリスの間には愛情がある。
だが、その愛情とはクラリスが女だから芽生えたという事ではない。クラリスは、自らの過去のトラウマを暴露していく事と引き換えに情報を得ていくのだが、それはレクターによる精神分析でもあり、彼女のトラウマの治療になっているのだ。

「羊たちの沈黙」というタイトルが明かす、少女時代のトラウマを語るシーンは、この映画の最大のヤマ場であった。
養父の家に住むクラリスは、夜中の騒がしい物音で眼が覚める。それを見に行くと養父が子羊を殺していたのだ。肉として食べるために。そして、それに反発したクラリスは一匹の子羊を抱いて逃げるのだが、逃げ切れなかった。それがひとつのトラウマになっていて、子羊を助けられなかったことの罪悪感を感じているのだ。
この罪悪感は、暴漢によって不慮の死を遂げてしまった父親の姿にダブってくる。父親の死に関しても、何も出来なかった彼女は無力感を感じているのだ。

だからこそ、見ず知らずの犠牲者に感情移入しすぎてしまい、犯人に捕獲されていると思われる娘の救出に固執するのだ。彼女を助けることによって、過去の罪悪感、無力感に対して成長した自分を見つけることが出来ると考えているのだ。
このあたり、ボーっと見ていると重要な台詞を見逃してしまう。
告白後のレクターの台詞「キャサリンを助けられたら、羊の悲鳴は止むと思うか?」に象徴的に語られているし、さらにレクターは「ありがとう、クラリス」と礼まで言う。
この礼にこそ、クラリスとレクターの関係を明示していると言えよう。

ウィル・グレアム(レクターを逮捕した刑事)との関係はあくまでも刑事と犯人であり、グレアムはそれを乗り越えようとしなかった(できなかった)ために、レクターとは最後まで敵対関係になる。しかし、クラリスは全てをレクターに与えることで捜査官と犯罪者という関係から、患者と医者という関係になったのだ。
つまり本作は猟奇殺人事件を解決するサスペンスという蓑を被った精神分析とその治療の物語なのである。父の死と羊を助けられなかったという心の傷を克服することで、羊たちは「沈黙」したのである。それを充分に理解して演技しているからこそ、ジョディ・フォスターとアンソニー・ホプキンスの演技はアカデミー主演賞をダブル受賞出来たのではないだろうか。

猟奇殺人犯にも言及しておこう。
女性の皮を剥いで殺害するという猟奇殺人を起こしたバッファロービルは、女性になりたかった。女になるために、女性の皮を剥いでなめし、それを繋ぎ合わせて衣服を作り、それを着る事で女性に変身したいという欲望を持っていたのだ。
犯人が鏡に向かって全裸でポーズを取るシーンは、公開時にはボカシが入っていたが、今回見たDVDではイチモツを股に挟んで隠した(女性化を意味する)陰毛の部分がかなり明確に写っていた。
あそこでチンチン隠してるかどうかが分からないと、この犯罪者の性倒錯ぶりが理解出来ないので、今回の措置はよく映したというべきだろう。局所的に「見えてるからボカす」というような短絡的な措置は、却って映画を見るものに誤解を与えかねない。

一番ショッキングなシーンはレクターが檻の中から脱出するシーン。二人の警官を殺し、一人は腹の皮を割いて檻に磔にし、もう一人は顔の皮を剥ぎ、自分の服を着せてエレベータの屋根上に載せておく。そして自分は警官の服を着て、剥いだ顔の皮を被って横になっているのだ。
救急車に載せられ、後を向いた救急隊員に襲い掛かるシーンで顔に被った皮を脱ぎ捨て血まみれの顔を見せるシーンは今見ても背筋が凍る。
このスーパーマンぶりがレクター博士の一面なのだが、私にとってはラストシーンも充分に怖い。逃げおおせたレクターの復讐を恐れて南米に飛んだ収容所のチルトン博士の横で、クラリスに「これから食事をする」と一方的な電話をかけた後、チルトン博士の後を追うようにして歩いていくレクターの姿で映画は終わるのだが、これは怖いなあ。
「これから食事する」って、要するにチルトン博士を食うっていう事だろう?思わず逃げる医者に感情移入してしまった。

本作でレクター博士という当たり役を得たアンソニー・ホプキンスは、以後「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」に出演するが、さすがにレクター博士役には飽きたらしく、以後演じるのを拒否しているという。アンソニー・ホプキンス本人はベジタリアンだそうだから、これ以上肉食者の究極であるカニバリスト(食人主義者)を演じるのは辛かったのかもしれない。

アンソニー・ホプキンス主演の3部作の中ではやはり一番出来が良いと思った。
年代順に見ると、「レッド・ドラゴン」「羊たちの沈黙」「ハンニバル」の順となっているので、その順で見るのも一興かも。