筆者の購入したDVDや本、鑑賞した映画、テレビ番組、コンサート等のインプレッションを書いています。
Top > 映画/ドラマ > 洋画

●4ヶ月、3週と2日


アナマリア・マリンカ, ローラ・ヴァシリウ, ヴラド・イヴァノフ, クリスティアン・ムンジウ

B001B4LQDY

↑画像をクリックするとAmazonでDVDが買えます。

【これほど主人公に共感できない映画も珍しい】

2007年、カンヌ映画祭グランプリのパルムドールを受賞した作品。ルーマニア映画としては初受賞となる。

内容を簡単に説明してしまうと、「ルームメイトの違法中絶手術を助ける女子大生の一日を描写したもの」という事になるが、この映画は1987年のルーマニアという舞台背景を熟知していないと、かなり難解な映画となってしまう。
そういう予備知識の無い、現代の日本でノホホンと暮らす主人公と同世代の女子学生がこの映画を見たらどう思うだろうか?


まず、第一の疑問は、堕胎手術を行うガビツァ(ローラ・ヴァシリウ)の「相手の男性」が一切分からないという部分。普通、妊娠したら相手の男に言いますわな。手術代にしろ何にしろ、相手に請求する。しかし、そういった部分がバッサリと切られている。
つまり、それはもう語っても仕方の無い部分とされているのだろう。だからこそ、ルームメイトのオティリア(アナマリア・マリンカ)が一肌脱がざるを得なくなってしまったのである。

オティリアがボーイフレンドに、「自分がもし妊娠したとき、あなたなら何をしてくれるのか」と問い詰めるシーンがある。彼氏は、「出来るだけのことはする」としか言わない。
それは、ガビツァが妊娠した相手も同じではなかっただろうか。男は役に立たない。そういう前提で、この話は出来上がっていると読むのが筋だろう。だからこそ、敢えてオティリアにそんな質問をさせたのだと思う。

このガビツァという女性は、性格的に弱そうな割には自己中心的で身勝手で、冷静に見るとトンでもない女である。どこの誰かも分からない男(或いは妊娠の事実を知って遁走した男?)の子供を身ごもってしまうし、その妊娠に気が付くのも遅い。しかも、「4ヶ月、3週と2日」という妊娠期間が経過しているにも関わらず、もぐりの医者には「2ヶ月」と偽り、それが原因で医者の態度を悪くさせてしまう。
さらには医者の言いつけを守らず、自分で会いに行かないでオティリアに行かせるし、電話で予約したホテルの確認を取らなかったために予約されていなかったし、堕胎費用を友人の話から勝手に安く決めつけてしまうという有様。
さらには、この金額の差異を埋めるために、オティリア共々、もぐりの医者に体を提供する破目になってしまうのだ。オティリアにしてみれば、いい災難である。
しかし、強姦まがいの行為を強要されてなお、ガビツァの堕胎を助けるんだから、オティリアのお人よしにも程がある。

堕胎手術は簡単なもので、子宮内に堕胎用器具と堕胎薬を入れ、自然堕胎を促すというもので、2時間ほどでガビツァは堕胎する。それを発見したオティリアは嬰児(これがちょっとだけ画面に映ってしまうのだが、既に人間らしい格好になっているのが恐ろしさを倍増させる)を捨てに行く役目まで負わされるのだ。

治安の整っていないルーマニアで、深夜に野犬の徘徊する団地へ出向き、ダスターシュートに嬰児の死体を投げ込むのだが、これは暗に野犬に嬰児を食わせてしまうことを意味している。そんな恐ろしい行為をしなければ、違法な堕胎は出来ないのである。まさに地獄を見るような世界だ。手持ちカメラの映像が臨場感と恐怖感を盛り立てる。最近流行りの技法であるが、このようにピンポイントで使うのは実に効果的。

嬰児を処理してホテルに戻ってみると、ガビツァが居ない。慌ててオティリアが探し回ってようやく発見したのはホテルのレストランだった。
「お腹が空いた」と、あっけらかんとして語るガビツァ。この瞬間に私の怒りは爆発しそうになった。なんてひでえ女なの、こいつ。そんなのを助けるためにどれだけの事をしたんだ?私がオティリアならキレまくってるだろうねえ。
だが、オティリアはそんなガビツァの姿をみて溜息をひとつ吐いただけで諦めたように煙草を燻らすのだった。

こんなのが友情?冗談じゃないねえ。オティリアは良いように使われているだけに過ぎない。でも、それでも、ガビツァを裏切らないオティリアって、一体何者なんだろうと思ってしまう。

オティリアが出向く、彼氏の家の人々の態度も不可解だったな。心ここにあらずの状態で、勝手気ままな話を聴かされる心境が見事に伝わってきた。しかも、必ずしも彼氏の家の人々は彼女を歓迎しているとは言い切れない雰囲気さえある。

主人公に全く共感できない映画というのは少なくないが、オティリアの態度と行動には、憐憫こそ感じるが決して共感は出来ない。そこまでしなければならない理由は何なのか。
それこそ、チャウシェスク政権下のルーマニアの暗部を知らなければ理解出来ないことなのかもしれない。

最初の話に戻ってしまうけれど、これを見て、今の若い日本人の女性がどう感じるか、その感想を是非聞いてみたい。