筆者の購入したDVDや本、鑑賞した映画、テレビ番組、コンサート等のインプレッションを書いています。
Top > 映画/ドラマ > 邦画

●盲獣VS一寸法師



B0002YD6HS


↑画像をクリックすると、AmazonでDVDが買えます。


2004年:クロックワークス

監督:石井輝男

出演:リリーフランキー、塚本晋也、橋本麗香、丹波哲郎他

【盲獣の狂気に浸れ!】

2009年、民主党から立候補して当選した田中美絵子議員(クレジットでは菊地美絵子)がヌードを公開しているという事で、一躍有名になってしまった石井輝男監督の逸品である。
が、田中美絵子なんざどうでもいい。チョイ役でしかないし、騒ぐほどの内容ではないからだ。
だが、現役議員のヌードが拝めるってだけでヤフオクあたりではプレミアが付いて販売されているようである。リンク先を見ていただければ分かるが、既にAmazonでは売り切れで、ボッタクリ出品者からのみしか買えないようになっている。

わざわざプレミアム価格で買わなくても、大手Webレンタルサイトで借りられるので、無駄な投資はしないほうが良いと忠告しておこう。

江戸川乱歩の「盲獣」と「踊る一寸法師」を足して2で割った作品であるが、正直言って酷い内容である。真面目に江戸川作品を見たい人には全くお勧めできない。
あれだね、「エイリアンVSプレデター」の日本版だと思って観て頂ければ腹も立たないだろう。

良くも悪くもB級映画なので、この映画について語るべきものは何もない。石井輝男ファン以外には、あまりお勧め出来ない内容だからだ。
内容的に言えば、盲獣だけで発禁モノの映画である。盲獣役の平山久能は前作「地獄」では幼女誘拐殺人犯の宮崎勤役を実物以上に怪演していて鳥肌が立ったが、この盲獣でもその異能ぶりを発揮している。子供には絶対見せられない映画だ。

「東京タワー」の原作者リリー・フランキーが主役で怪演しているのが光った。さらに一寸法師役で小人プロレスのリトルフランキーが熱演していて、奇しくも2人のフランキーが競演。これに故フランキー堺が加われば鬼に金棒だったなあ。

江川蘭子役の藤田むつみが素晴らしい。この人は石井作品の常連女優さんだが、ねじ式以来注目している人。
また、この作品にも丹波哲朗が出てきて苦笑しきり。地獄とは違ってそれなりの役どころであった。