オリジナル看板に架け替えでストラクチャー増産中

なかなか手が動かなかったのですが、一度始めてしまえばドンドン進みます。

昨日ご紹介した「薬局」に、Twitterのほうからリクエストがありましたので、「明るい家族計画」の自販機を追加しました。これを設置しなかったのは迂闊でしたねえ。画竜点睛を欠くとはまさにこのことです(笑) え?「明るい家族計画」を知らない?各自検索のこと。

それと、意外と室内が寂しい感じだったので、商品棚を簡単にでっち上げてみました。意外と中が見えるもんですね。ガラス越しに商品が見えて実感的になったと思います。

さて、この薬局のように細かいアクセサリーに凝るのも楽しいのですが、商店関係は全部で9棟ばかり作らねばならないので、モブ商店(笑)は、出来るだけ手を抜きたいところ。それには看板の架け替えが一番です。オリジナル看板を作るだけで、元の製品とはかなり印象が変わってくれますので、お勧めです。

看板の製作法は、PhotoShopを使って実物の看板の写真をスケール通りに縮小するのが簡単です。店名などは多少変えたほうが良いかもしれません。売りものにするので無ければ、実在するお店のままでも構わないと思います。

これをプリントして切って貼るだけ。画像の加工に多少のテクニックが必要ですが、慣れてしまえば簡単なものです。下手にフォントを使って文字を書くより、実物の描き文字の看板を利用した方が実感的に見えます。勿論、フォントを利用しても構わないのですが、使うフォントを選びましょう。出来れば有償フォントを使うことをお勧めします。

さて、まずはジオコレの八百屋の看板を架け替え。「八百×」にしました。

「やおえっくす」じゃないですよ、「やおばつ」。赤塚不二夫のマンガ、もーれつア太郎の住んでる家ですね。若い人は知らないだろうなあ。一世を風靡したマンガで、アニメにもなりました。ニャロメ、ケムンパス、べし、ココロのボスなんかのサブキャラが秀逸でした。赤塚先生に敬意を表して、お店は「赤塚青果店」になっています。

店内にはハゲでデブのおじさんが居るんですが、これは50年後のア太郎かデコッ八なんでしょうか?

もうひとつ、KATOの出桁造りの角店も看板を架け替えました。「銘菓 田貫屋」としています。「たぬきまんじゅう」と言えば、93年ごろにTMSに載った「北谷鉄道」のストラクチャーに印象的な看板があり、そのオマージュとなっています。

こちらはシンプルに、緑のベースにオレンジ系統の色を使って金看板風に仕上げてみました。文字はフォントを使っています。ダイナフォントのDF顔楷書という書体。2019年の朝ドラ「なつぞら」で、このフォントが結構使われていました。

最初は書体にエンボス加工をして半立体的に仕上げてみましたが、あざとく感じられたのでシンプルなものにしました。

可愛いタヌキのイラストは、フリー素材の中から和菓子のキャラクターっぽいものを選んで借用。こちらのサイトです。

http://www.wanpug.com/illust201.html

商用利用ではないので問題ないと思いますが、何か問題があるようでしたらご連絡下さい。

横の壁には、こちらもリクエストを頂いたホーロー看板を二つ。浪花千栄子さんのオロナイン軟膏の広告は残念ながら記憶にありません。僕らの世代は既にオロナミンCの大村崑が主流になっていました。

浪花千栄子さんて、本名が「なんこう・きくの(南口キクノ)」さんなんですねえ。「軟膏効くの」というわけで、オロナイン軟膏のCMに抜擢されたそうです。

もうひとつの菅公学生服も、昔はよく見かけた看板です。「菅公」とは学問の神様、菅原道真公の事。頭とお尻を取って「菅公」というワケです。カンコー学生服は、今でも女子中学生のセーラー服とか作っているようです。

これで、商店関係はだいたい揃いました。あと、喫茶店と、もうひとつ作ります。模型店にするか電気屋にするか悩み中。その間に、GMのサイコロ住宅を仕上げていきます。

 

Share this...

ストラクチャーを作る 薬局の製作

KATOの看板建築の2軒目です。前回の石積みはストレートに組みましたが、今回は大幅なデコレーションを試みました。
添付のシールに、あまり良い感じのものが無かったので自作してみます。

お題は「薬局」

自分の中の薬局のイメージを集大成してみました。「ヒグチ薬局」をベースに、「ヒサヤ大黒堂」とか色々盛り込んであります。かなり密度の高いストラクチャーとなりました。このレイアウトのポイントのひとつになります。

白眉は、店頭に置かれた「コルゲンコーワのケロちゃん」の置物。初代の置物を模型化してみました。

当初はエポキシパテの塑像で作ってみたのですが、どうやってもオーバースケールになってしまうので、ランナーから彫刻してみました。こっちのほうが良い感じです。

1円玉と比べてみても、如何に小さいか良く分かると思います。手は伸ばしランナーから削りだして別づけ。
緑15号で塗り、目を入れて口を書いたら見事にケロちゃんになってくれました。結構自信作です(笑)

その他、看板やポスターは全て写真製版です。メインの看板は実際のヒグチ薬局から。「ぢ」の立看板もヒサヤのロゴ。ポスターは「森繁久彌の新キャベジン」「酒井和歌子の新ベンザA」「夏目雅子のOh!クッキーフェース」と、趣味丸出しです。時系列的にはいささか時代錯誤ですが、細かい事は言わない。

右手前には「リポビタンD」の「のぼり」を立てました。裏側が透けてる感じになっていて、少し凝った作りにしています。

向かって右手の壁には「エロ本の自販機」、ハイアースの水原弘、アース渦巻の由美かおるのホーロー看板が並び、奥の壁には金鳥看板を2つ並べてみました。

全パワーを使い果たした感じなので、残る出桁の角店はチャチャっと済ませたいと思います。

Share this...

ストラクチャーの製作 KATOの看板建築を塗る

今回作っているレイアウトでは、KATOの看板建築を2つ使います。
非常に細かいディテールが付いていてキレッキレなのが素晴らしいのですが、これ、ジオコレと並べると全然そぐわないので、KATOのストラクチャーだけを並べた一角を作らざるを得ませんでした。

以前書いたように、看板は出来るだけ自作したいところですが、ネタが尽きてしまったのと、KATOのストラクチャーって完成度が高い割には、何に使ったらよいのか良く分からなかったりするので、キットに付いている看板のうち、目立たないものを使う事にします。

建物の上の方に「〇ア」の彫刻がありますので、それに因んで「浅間家具店」を使います。シールは2種類入っていて、茶色の下地に白文字が浮いているものと、透明の下地に白文字のものがあります。透明のほうを使って、別付けの看板を茶色で塗装し、シールを貼りました。白文字の遮蔽力が高くないので、適度に焼けた感じになって、良い雰囲気です。

添付の印刷シールの看板って、文字がはっきりし過ぎているんですよね。そこが実感を損なっているように思われます。このような透明に白文字だと、落ち着いた感じになるので、使うならこれ一択という気がしました。(透明に白文字の看板はもうひとつありますので、そちらでも良いと思います)

日除けが2種類入っていますが、開いているほうを使い、こちらにもシールを貼りました。そのまま接着すればよいのですが、実物どおりに0.3φ線で支えを付けてあります。これは結構目立つので、付けたほうが良いと思います。

あとはウェザリング。筋にウェザリングブラックを流し込み、綿棒で擦るようにして仕上げていきます。濃くなり過ぎたと思ったら、エナメル用シンナーを綿棒に含ませて擦ると取れます。

四隅を敢えて拭き残すと、良い感じに汚れてくれますが、やり過ぎないように。

裏側の家のほうも同様にウェザリングしていきます。屋根瓦が明るすぎるので、ここは何色か混ぜて濃いめのグレーを塗り、瓦単位で濃淡をつけていきます。

室内は見えないので塗りません。家具店になってしまったので、店の前に何かワゴンセールみたいなヤツでも置きましょうかねえ?

もうひとつのKATO看板建築も、同様に仕上げる予定です。

KATOのストラクチャーは細かいディテールが付いていますので、付け足すものは殆どありません。屋根の上にテレビアンテナを載せるくらいでしょうか?アンテナは量産しないといけないですね。こういうのをエッチングパーツで出してくれるとありがたいんですが。

Share this...

レイアウト収納BOXを作る

何だか随分更新をサボってしまいました。

新型コロナ禍で在宅勤務が続いているんですが、どうにも模型をやろうという気力が出ません。模型を作るには、それなりに健全な精神状態が必要なんじゃないかなあと思ったりしています。

ストラクチャーを幾つか試作したのですが、何だか感じが違うので試行錯誤中です。

そこで、気分転換にレイアウト収納BOXを作ってみました。

収納スペースは押入れなのですが、布団を上げ下げするので結構埃が溜まりやすいのと、布団がレイアウトに触れてストラクチャーが壊れたり、布団に傷がつくのを避ける意味でも収納BOXは必要と考えています。

素材は15mm厚の強化段ボール。世界堂で買いました。DMCで軽便祭に出た時にアララギさんから教わった素材です。今回は、その時使った段ボールBOXを使いまわしています。

定尺べニア大なので使いやすいのですが、通販は難しいサイズなので、お店で買うしかないかもしれないです。

切断は大型カッターナイフで簡単に切れるので、取り扱いも簡単です。接着面に木工用ボンドを沢山塗って貼り合わせ、上から布テープを貼って出来上がり。

こんな感じで蓋が開けられるようにしました。蓋にはマジックテープを貼って、簡単に開閉できるようにします。

このままだと中でガタガタしますので、輸送時にはレイアウト側にストッパーを付ける予定。

これでイベントへの持ち出しも簡単になりましたが、果たしていつイベントが出来るようになるんでしょうね。

弊社は5月末まで自宅勤務延長のようです。気持ちを切り替えて、仕事も模型も頑張っていきたいところです。

 

Share this...

ストラクチャーの製作 TOMIXのアパートを加工する(1)

今回のレイアウトでは、ジオコレ、KATO、GM、さんけいのストラクチャーを使う予定ですが、ひとつだけ、TOMIXのストラクチャーを使います。それが二階建てのアパートです。

いつ頃の製品か分からないのですが、TOMIXのストラクチャーの中では、以前加工した井中駅、わらぶき農家と並んで出来の良い建物だと思います。

このタイプのアパートは、どこにでもあるもので、わが家の周辺でもソックリなものを3棟ほど見つけました。

実物をよく観察して模型に反映させます。写真を撮るのが一番良いのですが、他人の家なので映り込みにはご注意ください。特に洗濯物などを干している場合には写真撮影は注意すべきでしょう。変な勘繰りをされても困りますしね。

差支えない程度に撮影したものがこちらです。こんな感じに仕上げたいものですね。

製品との差は、まずベランダの手すり。キットは壁ですが、こちらの実物はスリットになっています。これを再現したかったんですけれど、キットのベランダは軟質プラなので加工しづらく、今回は諦めました。べランダごとエッチングパーツ化されたら良いのですが。

まずは丁寧に分解してから塗装をしました。

モルタル塗りにしますので、前回のGMハウス同様、明灰緑色で塗装します。窓枠と戸袋はベランダ側を茶色系、通路側は銀で塗りました。通路の手すりも銀にしています。ベランダ側の仕切り板は明るい灰色で塗ると良い感じになります。

ベランダには洗濯物が欲しいですね。真鍮線を組み合わせて物干し台を作り、そこに紙で作った布団やシーツや洗濯物を並べます。これだけでも随分雰囲気が変わります。窓から中がスケスケなので、安物のハンカチを切ってカーテンに見せかけて貼ってあります。

1階のほうはどうしましょうかね?植木鉢でも並べるかなあ?

さらに、妻板に手すりを付けてみます。
これは、1mm幅の帯板に0.4mmの洋白線を等間隔にハンダ付けし、折り曲げて手すりに加工したもの。

面倒くさいですが、慣れれば10分工作です。治具が必要ですが、私はいつもカマボコ板を使っています。これに、糸鋸で5mm間隔に切れ込みを入れ、そこに0.4mm線を並べてテープで抑えてから帯板をハンダ付けするという工作になります。

少しオーバースケールですが、目立つディテールアップとなりました。
ただ、こういうのこそエッチングパーツで供給して欲しいですね。

ドア側にも、窓枠に格子を付けたいのですが、これは時間が掛かりそうなので、次の機会にしたいと思います。

Share this...

締め切りが一年延びてしまいました。

今年の軽便祭の展示中止の案内が早々と出てしまいました。

https://keibenfes.exblog.jp/240226574/

残念ですが、仕方ありません。
明日の緊急事態宣言を受けて、弊社も基本、在宅勤務になります。いつまで続くんでしょうねえ。

ねずきゅうレイアウトは、軽便祭でのお披露目を目指して製作を開始しましたが、1年延びることになってしまいました。
その分、レイアウトの密度と完成度を上げていきたいと思います。
このおかげて無理かな?と思っていた延長部も製作できるかもしれません。

不安とイライラが募る毎日ですが、頑張っていきましょう!

Share this...

ストラクチャーの製作 看板を作る

コロナ騒ぎでなかなか落ち着きませんね。模型を作っていても何か集中出来ません。

そこで今日は、思い切ってネット断ちして模型に集中しました。

市販ストラクチャーを活かすためには、外装に出来るだけ手を加えることと、オリジナル性を高める事だと思います。

一番簡単なのは看板の自作です。

ところで、看板を作るのにパソコンで作ってませんか?あれがどうもダメなんですよ。いわゆるフォントと看板の描き文字って全然違うので、フォントの看板には違和感を感じてしまいます。

2000年以降の、今のレイアウトを作るのであれば、実物の看板がフォントを使っていますので違和感は無いのですが、少なくとも90年代までの風景を作ろうと思ったらフォントは使えません。

ならどうする?

手で描くんです。

実物の手書き看板は結構少なくなりましたが、昔の写真なんかで見ると、意外と下手だったり歪んでいたりするものです。しかし味のある書体の看板が多いです。
こういうのを真似してみるのが良いんじゃないかと思います。

これは某所で見つけた廃業した不動産屋の看板。良い感じの文字ですよね。こんな感じの不動産屋を作ってみました。

ベースは建物コレクションの街中セットAに入っている角の雑貨店。これ、雑貨屋より不動産屋のほうが絶対似合うでしょ?ってことで改造です。

看板は何回か書き直している感じにして、下書きをした上からもう一度ホワイトを塗り、少し汚してから文字を書くという凝った事をしています。おかげで一日がかりになってしまいました。やり過ぎですね。

窓がイマイチなので全部抜いてしまい、上から不動産物件の張り紙を付けます。これは実物の不動産屋さんの写真を取って、その物件の画像をNサイズに縮小しました。

壁には映画の看板を、これまた写真製版で作成。ちょっとスケールオーバーな感じなので、これは印刷し直します。上映中の映画は、みゆき座が「Oh!タカラヅカ」美保純主演のロマンポルノ(笑)、スカラ座はリバイバル上映で「ゴジラ・モスラ・キングギドラ地球最大の決戦」です。美保純さん、好きだったので(笑)

Oh!タカラヅカが上映中ってことは82年ですね。スカラ座のほうも、「E.T.」とか「ブレードランナー」にしたかったんですが、良い感じの立看板の画像が入手できなかったので諦めました。

KATOの出桁造りの食堂のほうは、HOナローのストラクチャー製作の時に使った駅前食堂の看板をリメイクしました。この看板の文字は、一部実物の描き文字を写真製版でコピーしています。「やなぎや」の文字はフォントですが、あまり見かけないマイナーなものを使っています。フォントを使うなら、メジャーではないものを使ったり、少し長体を掛けたり線を太くしたりして加工すると良いと思います。

写真製版は便利なので、アスファルト道路もこれで作ってみようかと思っています。

そのあたりの工作は、また今度。

Share this...

バラスト散布

今回のレイアウトは初めての事ばかりで結構戸惑っています。

レールは全てロクハンの道床付きを使ったので、バラストのモールドがあります。これをレイアウトに敷設したとき、バラストはどうやって散布すれば良いのかな?と思いました。今までHOでは篠原やPECOのレールしか使ったことがなく、この手の道床付きは初めての経験なのです。

友人たちに聞いてみると、そのまま上からバラストを撒いても大丈夫とのこと。とりあえずテスト用のお立ち台を作ってみました。

ここにとりあえずバラストを散布してみます。

バラストのモールドと枕木の間に段差がありますので、細かいバラストなら埋まって実感的になりそうです。と、ここで気が付きました。ナローの線路なので、バラストは半分くらい土に埋まっているほうが、より実感的じゃないだろうか?

そう思ったので、紙粘土にバラストを混ぜて、これを刷り込むようにして地面を作成してみました。

結果は上々で、これに着色していきます。
色は単色になるのは良くないので、4色くらいを使います。茶系とグレー系、ダークイエロー、カーキなどを適宜に混ぜながら塗りました。

均一にしないで塗ることで実感的になっていきますが、こういうのは結構センスを要求されますね。実物をよく見ることが大切ではないかと思います。

並行して、線路わきに草など植えつつ、最後はターフを撒いて枕木を隠していきます。

全部隠れちゃった所も出来ました。多少やりすぎたかな?

駅周辺やポイントまわりは整備された雰囲気にしたほうが良いので、少し工法と塗装法を変えて作る予定です。

Share this...

塗装とレタリングのこと

以前、猫屋線コンテストで磐播急行電鉄という車両たちを作ったのですが、この時のカラーリングが旧西武色の赤とベージュでした。今回のねずきゅうでもこの色を使います。(在庫処分とか言わないこと)

西武赤電色は、栃尾電鉄(越後交通栃尾線)の色で、これが気に入っているんです。栃尾は一時期東急グループだったはずですが、何で西武色なんかにしたんでしょう?

時代経過を模型化したいという思いがありますので、旧塗装として阪急マルーンを想定しています。ブドー色2号でも良いんですが。あと、出来れば特急色とかも考えてみたいですね。将来的には特急電車も作りたいのです。軽便特急って、ありえなそうで面白いと思いませんか。

あと、思い付きで考えているのは阪神の赤胴車、青胴車みたいな色分けですか。西武のベージュに青系を合わせてみたら面白いかな?と思ったりしています。旧小田急色の黄色系と青系もダサい感じになって良いですね。なるべくダサい色合いにしたいところですが。
その他、将来的に導入予定の電気機関車の塗装は未定。茶系か黒が妥当な線ですが、青いのも良いなあとか思ったり。

こないだ思い付きで作った単端式は素直にマルーン単色にしましょうか。あとは市内線か!GMの路面電車キットを買うかどうかが悩みの種。モデモに手を出すと大変な事になりそうなので。

屋根は色々使い分ける予定ですが、基本的にはジャーマングレー。ベンチレーターはフィールドグレーを基本とします。下回りは単純に黒。

ウェザリングですが、ものが小さいのであんまりゴテゴテと塗ると汚くなってしまうので、控えめにしておきます。

ナンバーはとりあえず、

モハ
42

という感じでGMのインレタを貼っています。

あと、所属区名もインレタを貼っていますが、所属区そのものに意味はありません。とりあえず使ったのは長キマです。これは昔作った大糸線用のくろま屋のもの。10年以上経っていますが今でも使えたのはラッキーでした。

これらの貼り付けには、老眼鏡+天眼鏡というダブルメガネで対応しています(笑)

この、根元が可動式になっている天眼鏡は母の形見なのですが、意外と便利です。

最初は社紋を自作デカールで作って貼ろうかと思っていたんですが、どうせ見えないので辞めました。Nゲージサイズでは見切りも重要と思っています。スケールモデルではないですし、細密化するつもりもないので。

小さいものを作るのは大変ですが、慣れて来るとだんだん見えるようになってきます。一度慣れてしまえば、あとはそんなにキツくありません。何事もやってみないと分からないものですね。

Share this...

片ボギーの単端式を作る(1)

私にとって、ナロー鉄道模型と言えば一にダックスストーリー、二に玉軌道と来て、三番目くらいに位置するのが74年くらいから単発的に掲載された赤井哲郎氏の一連の作品群です。

特に印象深いのが75年1月号、通巻319号に掲載された「タンタンとホロハ」(ナローゲージブック1に再掲)。

1930年のフランス映画の話から始るという洒脱な文章もさることながら、返す刀で、いい年こいた大人がケロッグのオマケのミニカーに一喜一憂するなど、妙な子供っぽさもあったりして、大好きな記事のひとつです。

運転重視のために安定した既製品動力を使うという割り切り方は、現在の私の模型スタイルにかなり影響を与えてくれた記事でもありました。

そういえば「タンタン式」という読み方なのを知ったのも、この記事だったと思います。それまでは「タンハジ式」とか「タンパ式」とかそんな読み方をしていたような気がします。恥かかなくて良かった(笑)

その1年後、通巻330号に掲載された片野正巳さんの「単端11号」も印象的でした。マックのボンネットを使った大ぶりな片ボギー式で、これにインスパイアされた車両を猫屋線改造で作ったりしました。

で、Nナローを軽便電車でスタートさせたわけですが、ナローなんだからやっぱりナローっぽい車両が無いとイカン。という妙な理屈をこねて、一番軽便らしい車両という事で、単端式ガソリンカーを作ることにしました。

「下回りは既製品を使用する」というルールに則って、最初はロクハンのショーティー動力そのままを使うつもりでしたが、この動力、全軸集電なのに気が付き、それなら片ボギーに出来るんじゃね?というわけで、非動力側の台車を外したのがそもそもの始まりでした。

ここに単台車を付けてしまえばよいだけです。単軸側は車輪径大きいほうが良いよねって事で、アキアの台車を持ってきますと、オヤ?何だかそのまんま使えそうな予感がします。

そこで、片側をバッサリと切り落とし、ボルスター付きの1軸台車を作成。これを外した非動力台車の代わりに嵌めてみると、何と!あつらえたようにピッタリでした。勝ったも同然!

ネジ止めしてあるだけなので、いつでもボギー台車に戻すことが出来ます。

気になるのは集電で、片側2軸だけですが、流石はロクハン製品。走行性能に全く問題なし。ポイントも普通に通過出来ました。ただ、やはり集電不足は否めないので、単台車側からも集電できるように改造を検討してみましょう。

***

上回りは、今まで作った電車の余りパーツからでっち上げました。片ボギー単端と言えば日車のイメージなので、日車風にデザインしてみました。

車体はGMのスハフ43から。窓を1個分多くして下回りとのバランスを取りました。前面は旧国の余りパーツ。ボンネットはGMの保線車両のものを切った貼ったして、ネムタクのちどり号に着けられていた日産ボンネット風にしています。

その他、種車の都合で折戸を廃止して引戸にしていますが、車体裾は絞ってあります。ウインドヘッダ上の車両番号のサボ受けは要らないですね(笑)

あとは庇を付けて屋根板を載せるだけ。排障器くらい付けておきましょうか。ボギー側の台車枠も何とかしたいところです。

***

さて、ブログの更新は初動が大事という事で、2週間近く毎日更新してきましたが、流石にネタが切れてきました。小出しに出来ない性格なのと、ひとつを完成させないまま次に手を出すという悪い性格ゆえ、あっちこっちに手を出して記事の連続性に欠けるという状態になってきましたので、ここら辺で更新ペースを抑え、まずはレイアウトの完成に注力していきたいと思います。

記事は少しずつ書いていきますので、今後ともご贔屓のほどを。

Share this...